内科医 転職

内科医の転職はエージェントで決まる!

 

内科医が転職しようと思う時、どのような動機があるのでしょうか?じつはこの動機をしっかりと考えておかないと、内科医が転職を希望した先の病院からは非常に厳しい批判を受ける可能性があるんです。内科医に限らず医師はどうしても他者からの厳しい批判には慣れていません。そのために立ち直れないくらいのダメージを受けてしまう可能性があります。まずは転職の動機をもう一度しっかりと見つめ直し、なぜ転職をすることが必要なのかを確認してみましょう。今の職場になにかしらの不服があるからという事だと思いますが、ただ休みがないから、人間関係がちょっと、やりがいが感じられない。というような内容では、実際にじゃぁどんな職場だったらいいのかということが分かりません。転職をしてどのような職場がいいのか。必ず決めて転職活動を行うことが大切になってきます。また、転職できればいいなというような心では理想的な転職は難しくなります。必ず自分は内科医として転職を成功させて、自分の条件にあった職場で働くんだ。という強い気持ちで転職に挑むことがとても大切であるということを忘れないようにしましょう。

 

 

内科医の転職はエージェントを利用する!

内科医が転職エージェントを利用する場合、一度担当するコンシェルジュなどと実際に面談をして自分の転職希望条件などを話すという機会を持つことになります。この時にはどのような注意点があるのでしょうか?まず自分は内科医だから、こちらの希望を聞き入れてもらえるはず。といった「内科医だから」というプライドはひとまず横に置いておきましょう。今の時代、内科医だからといってどのような態度をとっても許されるという時代ではありません。医師である前に社会人であるということをしっかりと理解し、社会人として対等な立場で面談に臨むということが大切です。ただ、卑下する必要もありません。あくまでも対等な立場で面談に臨むことで、お互いに分かりあえることが可能です。そして、自分が希望している内容をできるだけ相手に分かりやすく伝えるということも大切です。専門用語を並べ立てるのではなく、相手が自分の希望を正確に受け止めてくれることが、気分が希望をしている条件で転職をするために必要になってくるということです。このような点をしっかりと理解して面談を行いましょう。
内科医の転職に強いエージェントとしては、医師転職ドットコムがあります。
特に関東地域の求人には強いので、登録される事をおすすめします。

 

内科医が転職するための手順・手続き

 

内科医が転職しようと思う時の手続きや手順というのはどのようになっていくのでしょうか?今の職場を辞めてから次の職場を探す。このように思っている方もいるかもしれませんが、もし次の職場が早く決まらなかった場合どうしますか?今は在職中に次の転職先を探し、転職先が決まってから在職中の職場を辞める。というのが一般的です。でも、忙しい内科医として勤務をしている中で転職先を探すことは難しいと思うかもしれません。このようなケースでは転職エージェントに登録をして、沢山の情報を得られるようにしておくことがおすすめです。転職エージェントに登録をするという作業を行う必要がありますが、この作業を行うことで自分で探すことができないような多数の転職情報をエージェントがしっかりと探して情報を提供してくれるんです。登録に際しては担当者によるカウンセリングが行われ、どのような転職先を希望しているのか、今まではどのような仕事をしてきたのかなどを直接ヒアリングすることで、自分にあった求人の紹介をはじめ、転職活動のサポートを受けることが可能になります。

 

 

内科医が面接時によく受ける質問

 

内科医の転職面接の際に聞かれることが多い質問というのはどのような事があるのでしょうか?一般的には志望動機やどうしてこの病院に転職を希望するのかということが聞かれますが、多くの病院で面接の最後にこのような質問があります。それは「最後に私どもについて質問などはありますか?」というものです。面接というと基本的に病院側が入職を希望する人の資質などを見るものという意識でいると、慌ててしまう質問になります。この質問の根底にあるのは、病院側が転職希望の医師がどの程度本気でこの病院で働きたいと思っているのかを推し量るものです。「特にありません」といった言葉を期待しているのではなくこの病院について一般的に知られていない部分についても知りたい、この病院で働きたいという前向きな姿勢があるのかどうかという点なんです。例えば、「今後より専門的な研修を受けより高度な医療知識の習得する機会などはいただけるものですか?」などより意欲的に働く意思を伝える。ということがとても大切になってきます。この最後の質問について事前に考えておくといいですよね。